癒しの緑で学べ

観葉植物を長持ちさせる植え替えの心得について

植木鉢で育てる観葉植物は季節を問わず屋内で美しさを楽しむことができる利点がありますが、植物の成長に伴い根が伸びすぎることがあります。植木鉢の中で根が伸びたまま放置すると成長が阻害されてしまうので、長持ちさせるために植え替えを行う必要があります。植え替えを行う際は観葉植物に傷をつけないように丁寧に作業を進めることが大切です。品種によっては僅かな傷でも枯れる原因になることから、予め性質を把握しておく必要があります。また、使用する植木鉢も根の長さを考慮してサイズに余裕を持たせるように心がけます。使用する土は雑菌による病気の感染を防ぐため、観葉植物の品種に適した専用の土を選びます。土が汚れていたり細菌が繁殖していると却って状態が悪くなってしまうので衛生管理には十分に注意する必要があります。栄養や水分の補給を効率的に行い、成長を促すことが植え替えの目的なので品種の特徴に沿った正しい方法を遵守することが大切です。

植え替え時期が大事、観葉植物の特徴を押さえて長持ちさせよう

インテリアとして観葉植物を置いているという方も多いです。植物は空気を清浄してくれますし、リラックス効果もありますから、心身ともに健康である為にも部屋に欲しいアイテムの一つです。ですが、ある程度成長した植物は必ず植え替えを行う必要があり、その時期は成長具合や種類によって様々です。基本的には鉢の底から根が飛び出していたり、鉢に対して植物が大きくなりすぎており、置いているだけなのにバランスが悪くなってくると時期と言ってよいです。そうなると、まずはその種類の観葉植物が何時植え替えるべきなのかを調べます。次にホームセンターなどでちょうど良い鉢を購入してきます。植物の種類にもよりますが、目安としては現在使用している鉢よりも3cmから5cm程度大きい鉢を購入すると良いです。あまり大きい物を選択してしまうと、水遣りをした後の水分が残ってしまい、根腐れの原因となることもあります。植物は生き物ですから、その植物に応じた手入れ方法をしっかりと把握し、植物に良い環境づくりを行うとより長持ちします。

check

最終更新日:2017/11/10